伊丹市・尼崎市で腰痛・眼精疲労にお悩みなら

安堂寺みのり鍼灸院整骨院

〒664-0864 兵庫県伊丹市安堂寺6丁目45 トロント80 102号

受付時間
5:00~12:00/15:00~21:00
日祝5:00~19:00
早朝5時より 土日祝も受付
定休日
木曜日

お気軽にご予約・お問合せください

072-747-9415

こむら返りの症状について

突然、ふとももや、ふくらはぎに激痛が走り、あまりの痛さに動けなくなる「こむら返り」。日就寝中や朝起きた時、運動中に起きやすい。

「こむら」とは、ふくらはぎの事で、主にふくらはぎの筋肉である腓腹筋やヒラメ筋が異常に「収縮して痙攣をおこすことで起きています。

就寝中や運動中以外にも、妊娠中や高齢の方にも起きやすくなる傾向がみられます。

おおむね強い痛みも数分でおさまることがほとんどです。

こむら返りのメカニズムと原因について

 

ふくらはぎなどの筋肉は無理な動きなどによって過剰に伸ばされたり、収縮しすぎたりすると痛めてしまいます。筋肉には伸びすぎるのを防止するためのセンサー(筋紡錘-きんぼうすい)と縮みすぎるのを防止するセンサー(腱紡錘-けんぼうすい)があります。正常な状態であればこの2つのセンサーがバランスを取り合っているのですが、腱紡錘の働きが低下したり、異常をきたすと、筋肉が異常に縮こまってしまい、痙攣を引き起こしてしまいます。これが、こむら返りのメカニズムです。

では、こむら返りの原因は何なんでしょうか?最も大きな原因といえるのが、電解質バランスの乱れです。電解質とは、マグネシウム、ナトリウム、カリウム、カルシウムなどの水に溶けると電気を通すミネラルなどの物質で、私たちの体の中では神経の伝達や筋肉の収縮をスムーズにする働きがあります。特に筋肉の収縮に大きな役割を持っているのがマグネシウムとカルシウムで、不足すると腱紡錘の働きが鈍くなり、こむら返りを引き起こしてしまいます。

そのほかの原因としては、加齢による腱紡錘のセンサー機能低下や、発汗による脱水や血流障害による冷え、また女性では妊娠中はミネラル不足になりやすいことなどが考えられます。

 

こむら返りの予防・対処法について

こむら返りにならないための予防としては

①こまめな水分補給の習慣をつける。特に運動前後や就寝前には必ず。

②ふくらはぎや太もものストレッチ

③就寝時に膝の下にクッション(巻いたタオルなど)を入れ、膝が伸びない姿勢を作る

④入浴などでしっかりと補温する

 

 

長年、こむら返りにお困りなら

院長の十島です。
あなたのお悩みを解決します!​

こむら返りの症状でご来院された方々の多くが、施術効果を実感していただいております。

悩まずに、当院☎072-747-9415までご連絡ください!

みのり整体コースの詳細はこちら

関連するページのご紹介

こちらのページを読んだ方には、下記のページもよく読まれています。ぜひご一読ください。

お気軽にご予約・お問合せください

072-747-9415

受付時間:5:00~12:00/15:00~21:00             日祝 5:00~19:00(中休みなし)

定休日:木曜日

※施術中は留守番電話にて承ります。

お電話でのご予約・お問合せ

072-747-9415

受付時間:
5:00~12:00/15:00~21:00     日祝 5:00~19:00
※定休日:木曜日

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

十島 浩之
 

確かな経験と技術をもとに、お客さまに最適な施術をご提供します。

住所

〒664-0864
兵庫県伊丹市安堂寺6丁目45
   トロント80 102号

受付時間
 
午前 ×
午後 ×

5:00~12:00/15:00~21:00   日祝 5:00~19:00

定休日

木曜日